受賞実績(2016年より掲載)

2017.4.8

新間秀一准教授(生物資源工学領域)が日本医療研究開発機構-ニューヨーク科学アカデミー合同ワークショップ"Interstellar Initiative(3/17-19 New York, USA)"においてOutstanding Team Presentationを受賞しました。

2016.11.12

物質生命工学コース生物化学工学領域D1の兼吉航平さんが第29回日本動物細胞工学会2016年度国際大会(JAACT2016 KOBE)「Best Oral Presentation Award」を受賞しました
詳しくはこちら。

2016.10.25

松浦友亮准教授(生命環境システム工学領域)が日本生物工学会第52回生物工学奨励賞(斉藤賞)を受賞し、第68回日本生物工学会大会(2016年9月28-30日富山)で授賞式ならびに受賞講演を行いました。
詳しくはこちら。


2016.10.24

Phan Nguyen Thuy Anさん(生物資源工学領域D3), 角倉早紀さん(生物資源工学領域M1), Adinda Putri Wismanさん(生物資源工学領域M1)が日本質量分析学会BMS研究部会主催International BMS Symposium Awardを受賞しました。
詳しくはこちら。

2016.5.20

角倉早紀さん(生物資源工学領域M1)が第64回日本質量分析総合討論会でベストプレゼンテーション賞優秀賞を受賞しました。
受賞演題は「イメージング質量顕微鏡を用いたSolanum lycopersicum中におけるイミダクロプリドの浸透移行経路可視化法の確立」
角倉早紀1・ 岡澤敦司2・ 西脇寿3・ 福崎英一郎1・ 新間秀一1
(1阪大院工・ 2阪府大院生命環境・ 3愛媛大農)




2016.3.5

高野壮太郎さん(博士後期課程2年)が第10回日本ゲノム微生物学会年会において審査委員会特別賞を受賞しました。
受賞演題「バイオロジックス生産におけるセルエンジニアリングに関する研究」

2016.3.13

大政健史教授が化学工学会第81年会において化学工学会研究賞を受賞しました。
受賞演題「バイオロジックス生産におけるセルエンジニアリングに関する研究」



また同大会において岡橋伸幸さん(博士後期課程2年)が最優秀学生賞(2016年3月13日、受賞課題「ガスクロマトグラフィー-タンデム四重極型質量分析装置(GC-MS/MS)を用いた13C代謝フラックス解析の精度向上」)を、前田昂亮さん(博士前期課程1年)が優秀学生賞(受賞課題「がん細胞の同位体非定常代謝フラックス解析法の構築」)を受賞しました。

過去の受賞記事

過去の受賞記事はこちら
 

↑ページトップ