Our mission:超臨界流体技術を用いた生体分子解析システムの構築

超臨界流体クロマトグラフィー(Supercritical Fluid Chromatography: SFC)は非常に優れた分離手法であるのにも関わらず,現在のところ,SFCの応用例は従来法である液体クロマトグラフィーやガスクロマトグラフィーと比べ,非常に限定された範囲にとどまっている.その原因の一つに,生体由来試料のように非常に複雑な組成で,微量成分を含むような試料の分析に適した検出法が確立していないこと,もう一つに移動相を超臨界流体とすることのメリットを十分に活かしきれておらず,スループット以外に他の分析法と差別化が行われていないことが挙げられる.そこで,我々はSFCの技術開発および超臨界流体のユニークな性質を活かした分析システムの構築を行うことで,従来法では困難な生体情報解析へ応用可能な分析システムの開発を試みている.

インフォメーション

2014/9/11

第66回日本生物工学会大会にて学術発表を行いました.
食用油脂中の3-MCPD脂肪酸エステル分析における超臨界流体クロマトグラフィーの適用(堀逐人様)
Unified chromatographyを用いたビタミンの一斉分析(田口歌織様)
高脂肪食マウスを対象とした脂質メタボローム解析(山田貴之君)
オンライン超臨界抽出-オンライン超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた脂溶性ビタミンの一斉分析系の構築(上野真菜子さん)

2014/8/1

第11回SFC研究会が開催されました.

2014/7/8

BMS2014にて学術発表を行いました.
脂質メタボロミクス研究に資する超臨界流体クロマトグラフィー質量分析を用いた脂溶性代謝物ノンターゲット解析システムの開発(山田貴之君)

2014/7/4

第41回日本毒性学会学術年会にて学術発表を行いました.
ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用in vitroスクリーニング系の開発(馬場健史准教授)

2014/6/24

Metabolomics2014にて学術発表を行いました.
High-throughput and high-resolution lipidomics platform using supercritical fluid chromatography coupled to Orbitrap mass spectrometry(山田貴之君)

2014/6/19

ASMS(アメリカ質量分析学会)2014にて学術発表を行いました.
Supercritical fluid chromatography/mass spectrometry for bile acid profiling(田口歌織様)
Lipidome analysis of plasma, livers, and adipose tissues in high-fat-diet-fed mice using supercritical fluid chromatography coupled to high-resolution mass spectrometry(山田貴之君)

2014/6/18

ASMS(アメリカ質量分析学会)2014にて学術発表を行いました.
Profiling of regioisomeric triacylglycerols in edible oils by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry(馬場健史准教授)

2014/5/16

第62回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー―質量分析計を用いた胆汁酸の一斉分析(田口歌織様)
オンライン超臨界抽出-超臨界流体クロマトグラフィー質量分析を用いた脂溶性ビタミンの一斉分析系の構築(上野真菜子さん)

2014/5/15

第62回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用in vitroスクリーニング系の開発(馬場健史准教授)
食用油脂中の3-MCPD脂肪酸エステル分析における超臨界流体クロマトグラフィー質量分析計の適用(堀遂人様)

2014/5/14

第62回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフ-オービトラップ質量分析を用いた残留農薬一斉分析法の開発(石橋愛実さん)
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルラットを対象とした脂質メタボローム解析(山田貴之君)

2014/4/1

中谷航太君(B4),中野洋介君 (B4) がSFCチームに配属されました.

2014/3/29

日本農芸化学会2014にて学術発表を行いました.
心筋梗塞自然発症モデルウサギのリポプロテイン脂質プロファイリング(竹田浩章君)

2013/10/3

第8回メタボロームシンポジウムにて学術発表を行いました.
超臨界クロマトグラフィーを用いた胆汁酸プロファイリングメソッドの開発(馬場健史准教授)
ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用 in vitro スクリーニング系の開発(馬場健史准教授)
高速高分離超臨界クロマトグラフィー質量分析システムによるリピドーム解析(和泉自泰特任助教)
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルラットの肺サーファクタントを対象とした脂質メタボローム解析 (山田貴之君)

2013/10/1

田口歌織さん(社会人D1)がSFCチームに配属されました.

2013/9/20

第65回日本生物工学会大会にて学術発表を行いました.
内分泌かく乱作用の評価に資するGC/MSを用いたステロイド類の一斉分析系の構築(馬場健史准教授)
超臨界クロマトグラフィー質量分析を用いたハイスループット農薬一斉分析法の開発(和泉自泰特任助教)
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルラットの肺サーファクタントを対象とした脂質メタボローム解析 (山田貴之君)

2013/9/12

第61回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた代謝プロファイリング(馬場健史准教授)

2013/9/11

第61回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界クロマトグラフィー質量分析を用いた残留農薬の迅速一斉分析法の開発(和泉自泰特任助教)
超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるハイスループット脂質メタボロミクスシステムの開発 (山田貴之君)

2013/8/2

第9回SFC研究会が開催されました.

2013/7/13

2013年度生物工学会若手研究者の集い(若手会)夏のセミナーにて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた農薬一斉分析法の開発(石橋愛実さん)
超臨界流体テクノロジーを基盤としたリピドミクスシステムの開発 (山田貴之君)

2013/7/9

第40回BMSコンファレンスにて学術発表を行いました.
超臨界流体テクノロジーを基盤としたリピドミクスシステムの開発 (馬場健史准教授)

2013/7/5

和田君(現アステラス製薬株式会社)の柑橘類のβ-クリプトキサンチン脂肪酸エステル類分析の論文がFood and Nutrition Sciencesにアクセプトされました.

2013/6/13

ASMS(アメリカ質量分析学会)2013にて学術発表を行いました.
High-throughput lipid profiling system for dried plasma spots using online-supercritical fluid extraction-supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (馬場健史准教授)
High-throughput and accurate lipid profiling system based on supercritical fluid chromatography/Orbitrap mass spectrometry with Lipid Search software (山田貴之君)

2013/6/11

ASMS(アメリカ質量分析学会)2013にて学術発表を行いました.
High-throughput simultaneous analysis of pesticides by supercritical fluid chromatography/orbitrap mass spectrometry (石橋愛実さん)
Evaluation of polar-embedded ODS column in supercritical fluid chromatography (石橋愛実さん,山田貴之君,ジーエルサイエンス株式会社 青山千顕様らと共著)

2013/5/24

山田君の超臨界流体クロマトグラフィー/高分解能質量分析と脂質自動同定ソフトウェアを用いた脂質一斉分析技術開発の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2013/5/15

Waters・田口様の超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析を用いた胆汁酸分析の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2013/4/1

和泉自泰特任助教,堀遂人さん(社会人D1),上野真菜子さん(B4)と藤本浩史君(B4)がSFCチームに配属されました.

2013/3/25

角田君の揮発性酸化脂質分析の論文がMass Spectrometryにアクセプトされました.

2013/3/25

日本農芸化学会2013にて学術発表を行いました
超臨界流体クロマトグラフ-Orbitrap 質量分析計を用いた農薬一斉分析法の開発 (馬場健史准教授)

2013/2/1

第7回SFC研究会が開催されました.

2013/2/1

山中裕佳子さん(特任研究員)がSFCチームに配属されました.

2013/1/17

山田君の液体クロマトグラフィー/高分解能質量分析と脂質自動同定ソフトウェアを用いた脂質一斉分析技術開発の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2013/1/3

Lee君のメチル化を用いた極性脂質一斉分析技術開発の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/10/25

第64回生物工学会大会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた酸化リン脂質異性体分析系の構築 (内方崇人君)
ガスクロマトグラフィー/質量分析を用いた揮発性酸化脂質の分析(角田省二君)
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた赤血球脂質プロファイリング(三田穂高君)
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた残留農薬迅速一斉分析方法の開発(石橋愛実さん)
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いたハイスループット脂質メタボロミクスシステムの開発 (山田貴之君)

2012/10/11

第7回メタボロームシンポジウムにて学術発表を行いました.
ガスクロマトグラフィー/質量分析を用いた揮発性酸化脂質の分析 (角田省二君)
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いたハイスループット脂質メタボロミクスシステムの開発 (山田貴之君)

2012/10/4

World Congress on Oleo Science 2012 (WCOS 2012)にて学術発表を行いました.
不二製油・堀様の発表がOutstanding Poster Presentation Awardに選ばれました
High-throughput and sensitive analytical method for 3-monochloropropane-1,2-diol fatty acid ester in edible oils by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry (堀遂人様)

2012/10/3

SFC2012にて学術発表を行いました.
馬場准教授の発表がBest Poster Award Second Placeに選ばれました
Development of a high-throughput lipid profiling method by using a quadrupole orbitrap mass spectrometer and an automated lipid identification software (馬場健史准教授)

2012/9/20

IMSC(国際質量分析会議)2012にて学術発表を行いました.
High-throughput simultaneous analysis of pesticide residues in food by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry (石橋愛実さん)

2012/9/19

IMSC(国際質量分析会議)2012にて学術発表を行いました.
High-throughput lipid profiling system for dried plasma spots by using online-supercritical fluid extraction-supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (内方崇人君)
Simultaneous profiling of polar lipids by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry with methylation (Jae Won Lee君)
Analysis of oxidized lipid derived volatiles by Gas Chromatography/Mass Spectrometry (角田省二君)
Development of a high-throughput lipid profiling method by using a quadrupole orbitrap mass spectrometer and an automated lipid identification software (山田貴之君)

2012/9/10

石橋さんの食品中残留農薬ハイスループット一斉分析の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/8/3

第7回SFC研究会が開催されました.

2012/6/17

内方君のSFEを用いた乾燥血漿中リン脂質のハイスループット分析の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/6/17

不二製油・堀様の3-MCPDエステル分析の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/5/30

内方君の酸化リン脂質異性体分析の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/5/28

馬場准教授の脂質代謝プロファイリングのレビューがJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/5/23

ASMS(アメリカ質量分析学会)2012にて学術発表を行いました.
Higher-efficiency lipid profiling system using a quadrupole orbitrap mass spectrometer and an automated search engine Lipid Search (馬場健史准教授)
Simultaneous profiling of polar lipids by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry with methylation (Jae Won Lee君)

2012/5/1

松原君のコエンザイムQ10酸化体還元体同時分析の論文がJournal of Chromatography Aにアクセプトされました.

2012/4/1

山下俊幸さん(特任研究員),酒井美穂さん(社会人D1),奥野将司君(M1)と竹田浩章君(B4)がSFCチームに配属されました.

2012/3/24

日本農芸化学会2012年度大会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィータンデム質量分析を用いた単一観測システムによる残留農薬迅速一斉分析方法の開発(石橋愛実さん)

2012/2/3

第6回SFC研究会が開催されました.

2012/1/27

松原君のカロテノイドエポキシド分析の論文がJournal of Bioscience and Bioengineeringにアクセプトされました.

2011/11/18

第34回農薬残留分析研究会にて学術発表を行いました.
石橋愛実さんが最優秀発表賞に選ばれました.
SFC-MS/MSを用いた残留農薬迅速一斉分析方法の開発(石橋愛実さん)

2011/10/13

第6回メタボロームシンポジウムにて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるカロテノイド酸化生成物プロファイリングシステムの構築 (松原惇起君)
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた酸化ホスファチジルコリン異性体の解析 (内方崇人君)
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた極性脂質プロファイリング法の開発 (Jae Won Lee君)
超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析を用いたβ-クリプトキサンチン脂肪酸エステル分析技術の開発 (和田雄介君)
ガスクロマトグラフィー/質量分析を用いた 揮発性酸化脂質プロファイリング技術の開発(角田省二君)
SFC/MS/MSを用いた残留農薬分析方法の開発 (石橋愛実さん)

2012/10/11

Lee君のダイズ中脂質分析の論文がJournal of Bioscience and Bioengineeringにアクセプトされました.

2012/9/15

Lee君のTMS化を用いた極性脂質分析の論文がJournal of Separation Scienceにアクセプトされました.

2011/9/15

第59回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるカロテノイド誘導体プロファイリングシステムの開発 (松原惇起君)

2011/9/14

第59回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた酸化ホスファチジルコリン異性体分析系の構築 (内方崇人君)

2011/9/13

第59回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
Development of a polar lipid profiling method by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (Jae Won Lee君)

2012/8/31

和田君のβ-クリプトキサンチン脂肪酸エステル類分析の論文がJournal of Separation Scienceにアクセプトされました.

2011/7/21

SFC2011にて学術発表を行いました.
馬場准教授の発表がBest Poster Awardに選ばれました
Development of polar lipid profiling method by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (馬場健史准教授)
Construction of Metabolic Profiling Method for Carotenoid Oxidation Products using Supercritical Fluid Chromatography Coupled with Tandem Mass Spectrometry (松原惇起君)

2011/6/9

ASMS(アメリカ質量分析学会)2011にて学術発表を行いました.
Development of polar lipid profiling method by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (馬場健史准教授)
Development of metabolic profiling method for carotenoid oxidation products using supercritical fluid chromatography coupled with tandem mass spectrometry (松原惇起君)
Development of oxidized phosphatidylcholines profiling method by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry (内方崇人君)

2011/4/1

石橋愛実さん(M1)と山田貴之君(B4)がSFCチームに配属されました.

2011/3/11

New Developments in Carotenoids Research(@Boston)にて学術発表を行いました.
PROFILING OF CAROTENOIDS AND THEIR DERIVATIVES BY SUPERCRITICAL FLUID CHROMATOGRAPHY COUPLED WITH TANDEM MASS SPECTROMETRY(松原惇起君)             

2011/2/4

第5回SFC研究会が開催されました.

2010/12/18

The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010)SessionTitle:Recent Advances in Bioanalysis: Ultra-Small Volumes, Global Metabolite Profiling and Single Cells(@Honolulu, Hawaii, USA)にて学術発表を行いました.
Development of new lipid metabolomics system using supercritical fluid chromatography/mass spectrometry Takeshi Bamba, Atsuki Matsubara, Eiichiro Fukusaki (Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.)(馬場健史准教授)             

2010/11/19

第6回バイオ計測プロジェクト/第4回バイオ計測・試薬研究会(@神戸)にて講演を行いました.
フードメタボロミクスにおける超臨界流体テクノロジーの可能性(馬場健史准教授)             

2010/11/5

近畿化学協会合成部会平成22年度第2回合成フォーラム(@吹田)にて講演を行いました.
メタボロミクスにおける超臨界流体クロマトグラフィーの可能性(馬場健史准教授)             

2010/10/28

第62回日本生物工学会大会(@宮崎)にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィーにおける分離特性の解析 ーカラム修飾が分子認識能に与える影響についてー(松原惇起君)
超臨界流体クロマトグラフィーを用いたベータクリプトキサンチンエステル分析技術の開発(和田雄介君)             

2010/10/28

第62回日本生物工学会大会シンポジウム(@宮崎)にて,一般公募シンポジウム「食の機能・安全を科学する−おいしさから生理活性,安全性の評価まで」を開催しました.
超臨界流体利用技術のフードメタボロミクスへの応用(馬場健史准教授)             

2010/10/27

第62回日本生物工学会大会(@宮崎)にて生物工学奨励賞(斎藤賞)を受賞し,受賞講演を行いました.
メタボロミクスの技術開発と応用 (馬場健史准教授)             

2010/9/15

SFC2010(@Stockholm)にて学術発表を行いました.
Metabolic profiling of soybean lipids by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (馬場健史准教授)
Metabolite profiling of carotenoids and their derivatives by supercritical fluid chromatography coupled with tandem mass spectrometry (松原惇起君)             

2010/7/8

第37回BMSコンファレンスにおいて行われた2010年度BMSトラベルアワード受賞式に出席し,講演を行ないました.
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析によるカロテノイド分析系の構築(松原惇起君)             

        

2010/6/16

第58回質量分析総合討論会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィータンデム質量分析を用いたカロテノイドエステル類の代謝プロファイリング(松原惇起君)             

2010/5/23

58th ASMS Conference on Mass Spectrometryにて学術発表を行ないました.             
Application of supercritical fluid chromatography/mass spectrometry to lipid profiling of soybean(馬場健史准教授)
Profiling system for carotenoids and their oxidized products using supercritical fluid chromatography coupled with mass spectrometry(松原惇起君)             

2009/11/27

第1回SFCテクノロジーシンポジウム「超臨界流体技術の胎動」が2009年11月27日に大阪大学吹田キャンパスにて開催されました.

2009/10/28

松原惇起君の平成22年度日本学術振興会特別研究員(DC-2)採用が内定しました.

2009/9/23

”High Throughput and Exhaustive Analysis of Diverse Lipids by Using Supercritical Fluid Chromatography-Mass Spectrometry for Metabolomics“ が2009年度日本生物工学会論文賞を受賞しました.

2009/9/23

第61回日本生物工学会大会にて学術発表を行いました.
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた脂質プロファイリングにおける誘導体化法の検討(山本隆士君)
Application of supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (SFC/MS) to lipid profiling of soybean(Lee Jae Won君)

2008/10/15

平成20年度発酵と代謝研究奨励金の授与式および発表会(バイオジャパン2008,パシフィコ横浜)に出席しました.

2008/06/04

56th ASMS (American Society for Mass Spectrometry) Conference (Denver)において,”A high throughput and exhaustive analysis of diverse lipids by using supercritical fluid chromatography - mass spectrometry for metabolomics”が”New approaches to metabolomics”のセッションの 口頭発表に選ばれました.

2008/04/01

馬場健史先生が大阪大学大学院工学研究科准教授に着任しました.

line

テンプレートのpondt