大阪大学工学部 醸造・醗酵・応用生物工学科 同窓会会則

大阪大学工学部 醸造・醗酵・応用生物工学同窓会「尚醸会」会則
1. (名称)
 本会は大阪大学工学部 醸造・醗酵・応用生物工学同窓会「尚醸会」と称する。

2. (会員の構成)
 本会は次の会員で構成する。
  (1) 正会員
   イ 大阪大学応用自然科学科応用生物工学コース、同大学大学院工学研究科生命先端工学専攻生物工学コース(以下教室と言う)およびそれらの前身学科、専攻の出身者。
   ロ 上記イの教室および付則に示す関連講座の旧教官・教員、現教員および現職員。
   ハ 上記イの教室および付則に示す関連講座に関係のあるもの(旧職員、研究生、実習生など)で、入会を希望し会長が承認したもの。
  (2) 名誉会員
     会員の中から幹事会の推薦により総会の承認を得たもの。
  (3) 賛助会員
     本会の趣旨に賛同し、付則に定める会費を納めるもので幹事会の推薦により総会の承認を得たもの。
  (4) 学生会員
     大阪大学工学部応用自然科学科応用生物工学コースおよび同大学院工学研究科生命先端工学専攻生物工学コースに所属する学生。

3. (目的)
 本会は会員相互の親睦を図り教室の発展に寄与することを目的とする。

4. (所在地)
 本会の事務所は教室内に置き、会員の希望により支部を設けることができる。

5. (役員)
 本会には次の役員を置く。
  (1) 会長 1名 正会員の中から総会で選出する。
  (2) 副会長 2名 正会員の中から会長が推薦し、総会で承認する。
  (3) 幹事長 1名 正会員の中から会長が委嘱する。
  (4) 幹事 若干名 正会員の中から会長が委嘱する。
  (5) 監査 2名 正会員の中から総会で選出する。

6. (役員の任務)
 本会役員は、役員会を構成し、本会の運営を図る。役員の任務は次のとおりである。
  (1) 会長は本会を総理する。
  (2) 副会長は会長を補佐する。
  (3) 幹事長は幹事を総括して会務を掌理する。
  (4) 幹事は庶務、財務、企画、編集の事務を行う。
  (5) 監査は本会の運営と会計を監査し、総会に報告する。

7. (役員の任期)
  役員の任期は2年とし再任を妨げない。

8. (名誉会長)
  (1) 本会に、名誉会長をおくことができる。
  (2) 名誉会長は幹事会が推薦し、総会の承認を得て委嘱する。

9. (会議)
  (1) 本会は原則として2年に1回総会を開き、役員の改選、会計報告、会則の改正、その他重要な事項を議する。
  (2) 総会の議決には出席正会員の過半数の賛成を必要とする。

10. (会計)
  (1) 本会運営の経費は会費およびその他の収入を持ってあてる。
  (2) 会費は付則に定める金額とする。
  (3) 名誉会員および学生会員からは徴収しない。また、卒業後50年以上の会員は会費を免除する。
  (4) 本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

10.(会則の変更)
 本会の会則は総会において出席正会員の三分の二以上の賛成を得て改正することができる。ただし、書面を持って賛否を表す場合は出席とみなす。

付則
1. 大阪大学応用自然科学科応用生物工学コース・同大学大学院工学研究科生命先端工学専攻生物工学コースの関連講座とは、大阪大学生物工学国際交流センター、同大学大学院工学研究科生命先端工学専攻物質生命工学コース極限生命工学講座、同大学産業科学研究所生体分子機能科学研究分野、同大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻代謝情報工学講座、同大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻共生ネットワークデザイン学講座およびその前身をさす。

2. 本則第9条の会費は次のとおりとする。
会費   正会員は年額 2、000円、賛助会員は年額1口 5、000円。

3. 本則第4条の規定に従い、本会に関東支部を置く。

4. 付則の変更は役員会の議をもって行う。

5. 本会則は平成8年11月15日から施行する。

平成18年11月11日改訂