本文へスキップ

大阪大学フロンティア産業バイオイニシアティブ国際研究拠点

プログラム3月10日金曜 午後2時半 開催

大阪大学産業バイオ120年 (2) ビール産業の魅力を探る


大阪大学大学院工学研究科 サントリー記念館(C3棟)5階 メモリアルホール
14:30-14:35 
 はじめに               大阪大学大学院工学研究科 教授 村中俊哉
 あいさつ           大阪大学大学院工学研究科 教授 研究科長 田中敏宏


14:35-15:15
アサヒグループホールディングス株式会社 社友(前 代表取締役副社長) 川面 克行氏
「ガラパゴス化した日本のビール産業」

 明治時代の初期に日本のビール産業は誕生した。 ビールの味は当時のものと大きくは変わらないだろうがビール産業のおかれている環境は大きく変わった。 世界各国のビール会社を統合するビール会社が出現し世界市場のシェア1/3超えを狙っている。 一方、日本のビール会社は安売り合戦で汲々としたシェア争い。 巨大ビール会社から狙われる日本市場。 どうする日本!!

15:15-15:55
サントリービール株式会社 常務取締役、生産研究本部長、商品開発研究部長 岡 賀根雄氏
「『やってみなはれ』から生まれたサントリービール」
 今から54年前の1963年、大手ビールメーカーとして最後発に業界参入したサントリー。その誕生は、現在もグループ全体の本質ともいえる『やってみなはれ』、から始まりました。その挑戦の歴史、プレミアムビール市場の創出などのエピソードを交えながら、ビールの魅力をお伝えしたいと思います。

16:00-16:40
サッポロホールディングス株式会社 グループ品質保証部長   仲本 滋哉氏
「サッポロの技術開発:ビールからバイオへ」

 サッポロビールは1876年設立の「開拓使麦酒醸造所」を起源とするが、事業領域を酒類から飲料・食品・外食・不動産、さらに海外へと広げ、企業グループとして創業140年を迎えた。今回は、グループ全体の事業について紹介するとともに、根幹となるビールの品質向上、商品開発に向けた技術開発について解説する。

16:40-17:20
キリンビール株式会社  執行役員 生産本部生産部長 前原 正雄氏
「ある醗酵工学科出身者の30年のビール会社での歩み」
 昭和60年に学部、62年に修士課程を卒業し、キリンビールに入社後、会社でどんな仕事をして来たのかを中心にお話し、ビール市場の動向にも触れます。国内勤務が長いですが、出向や海外勤務(中国)の経験も交え、ビールを通して多くの人と巡り合い、学んだ事、ビール造りの醍醐味を紹介します。また、入社直後、工場の醸造担当配属となり、大学での学びが専門性や仕事に非常に役立ち、大学には非常に感謝しています。

17:20-17:30
 大阪大学フロンティア産業バイオイニシアティブ国際研究拠点におけるこれまでと今後の活動について          大阪大学大学院工学研究科 教授 大政健史
 
17:40~ 交流会(レストラン ラ・シェーナ(U1E棟15階))

産業バイオシンポジウム実行委員会

PDFはこちら

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻
E-mail:
sangyo-bio@bio.mls.eng.osaka-u.ac.jp