本文へスキップ

English

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2−1

育む技術の再生医療への展開

 組織培養技術の進歩に伴い,細胞固有物質や組織自体を生産する試みがなされている.動・植物の培養組織は3次元構造を維持することにより,より高度な機能を発現し,培養を含む生産プロセスを構築するにあたり,これまでの細胞懸濁系での均一相反応とは異なった問題点を数多く抱えている.生物化学工学的観点から,時空間的に変動する不均一相系生物反応としてこの問題を捉え,ヒト組織を利用した生産プロセスに対する実践的研究を行っている.ゲノムからフィジオームまで,細胞内での階層レベルの異なる発現・生成現象を解明する研究領域の知識を基に,単細胞(マイクロスケール),細胞集塊(メソスケール),組織(マクロスケール),臓器(メガスケール)のマルチスケールにおける生体応答解析に基づく生体形成の解明を行う.当面は,細胞間コミュニケーションを有する最小単位である細胞集塊(メソスケール)にて細胞間シグナリングを解析することで,独立した細胞の集団から相互コミュニケーションを有する集塊へと変化する発生的機能現象の把握を試み,マクロスケールである組織の形成機構解明を行う.また,応用的展開については,生物化学工学の立場から,従来の医薬品製造プロセスとは異なった再生医療製品の生産プロセス培養を中心とする工程管理および細胞・組織製品の品質管理の手法確立を行うとともに創薬スクリーニング技術への展開も図る.

より詳細な研究内容紹介へ

バナースペース