「生命」と「環境」のかかわり 「生命」と「環境」のかかわり 渡邉研究室では、意欲ある学生を常時募集しております。

メッセージ / Message

生命はその誕生以来、長い時間をかけて、環境に適応した様々なシステムを獲得してきました。ところがこの環境は、近年の人類の社会活動の結果、これまでになく急速に変わりつつあります。その結果、我々を含めた生命システムはエネルギー、食料、環境など様々な問題に直面しております。こうした背景のもと、20 世紀の消費社会から21 世紀の持続可能な社会へ大きく価値観が変化する中で、生物工学にかけられる期待は益々大きく多様になってきています。

生命環境システム工学領域では-
「生命」と「環境」のかかわりを解明し、これを環境問題の解決に利用することで社会に貢献することを目指します。本来、生命システムは環境と常に相互作用してきたはずです。一方で、その相互作用の様式やメカニズムにはよくわかっていないことが多くあります。例えば、化学物質に生命システムはどのように応答するのかの分子レベルでの知見は多くありません。生物は分子、細胞、組織、個体、個体群の様に階層性を有しております。生命環境システム工学領域では、分子レベルと個体レベルにおける「生命システム」と「環境」との関わりを解明することを目指します。これにより環境影響の定量的な評価法を確立することで社会に貢献します。
そのため生命環境システム工学では、大きく分けて以下の5つのトピックスに関する研究を行っております。

階層性

お知らせ / What's new

 
2016/06/29
松浦友亮准教授が第52回生物工学奨励賞(斉藤賞)を受賞しました。
リンク
2016/04/23
D2、Nur Syafiqah Mohamad Ishakさんの論文が「PLoS ONE」にアクセプトされました。
2015/02/12
ギャラリーを更新しました。
2015/01/08
岡村昂典君が日本分子生物学会年会2015において、若手優秀発表賞に選ばれました。
2015/12/13
ギャラリーを更新しました。
2015/11/04
吹田祭にて、渡邉研は硬式テニスが準優勝、マラソンが5位入賞しました。
2015/11/03
D3 中西貴士君の論文が「Scientific Reports」にアクセプトされました。
2015/10/01
新たに3人の留学生が加わりました。
2015/09/30
Saranya Peerakietkhajornさんが卒業しました。
2015/06/21
ギャラリーを更新しました。
2015/05/21
D3 Saranya Peerakietkhajornさんの論文が「Environmental Microbiology」にアクセプトされました。
2015/04/07
歓迎会が行われました。新たに7人のメンバーが加わりました。
2015/02/11
卒業生の進路、ギャラリーを更新しました。
2015/01/16
アクティビティを更新しました。   
2014/12/17
昨年度修士課程を卒業した内藤彰子さんと、D2 中西貴士君の論文が「Biology OPEN」にアクセプトされました。    
2014/12/17
ギャラリーを更新しました。  
2014/12/11
M2、Arnold Shareenさんが修士課程の中間審査で表彰されました。 
2014/11/30
D3、Saranya Peerakietkhajohnさんの論文が「Environmental Microbiology Reports」にアクセプトされました。 
2014/05/02
D2、中西貴士くんの論文が「PLOS ONE」にアクセプトされました。
2014/03/28
HPをupdateしました。
2014/02/12
D1、Kerstin Toernerさんと中西貴士君の論文が「Molecular Genetics and Genomics」にアクセプトされました。
2013/12/13
M2、鈴木安貴子さんの論文が「Journal of Applied Toxicology」にアクセプトされました。
2013/12/09
D3、 浅田実希さんの論文がJournal of Insect Science」にアクセプトされました。
2013/12/06
D1、曽我遥さんの論文が「ACS Synthetic Biology」にアクセプトされました。
2013/12/03
松浦友亮准教授が第36回日本分子生物学会年会で招待講演をしました。
2013/11/15
D3、 浅田実希さんの論文がMarine Environmental Researchにアクセプトされました。
2013/10/20
松浦友亮准教授の研究チームが、人口細胞を用いて膜たんぱく質を実験室で「進化」させることに成功しました。
2013/10/01
Arnold Shareenさんが、メンバーに加わりました。
2013/08/30
D1、 中西貴士君が、JBAバイオリーダーズ研修2013(幕張)にて、MVP賞を受賞しました。
2013/05/16
業績を追加しました。
2013/04/12
メンバーをupdateしました。
2013/02/16
核酸制御(陽進堂)共同研究講座が発足しました。
2012/11/30
M2、曽我遥さんが、第64回日本生物工学会大会(神戸)でトピックスに選ばれました
2012/10/30
M1鈴木安貴子さんが、日中韓大学院生フォーラム(つくば)にてプレゼンテーション賞を受賞しました。
2012/08/07
業績リストをupdateしました。
2012/04/26
業績リストをupdateしました。
2011/12/26
メンバー、ギャラリー、年間行事をupdateしました。
2011/12/07
ギャラリーとメンバーのページをupdateしました。
2011/05/16
業績リストをupdateしました。
2011/05/02
松浦友亮准教授 の論文がJournal of Biological Chemistryに受理されました。
2011/02/17
加藤泰彦氏の論文が PLoS Geneticsに受理されました。オオミジンコの写真がPLoS Geneticsの表紙を飾りました。
2011/02/02
加藤泰彦氏の論文がDev Genes Evol.に受理されました。
2011/01/08
ホームページをリニューアルしました。
2010/06/16
松浦 友亮准教授、渡邉研究室就任
2009/06/01
渡邉 肇教授、大阪大学着任

一覧を見る

 

学生募集 / Recruit

渡邉研究室では、意欲ある学生を常時募集しております。我々と一緒に研究してみたいと思われた方、どこで研究しようか迷われている方、とにかく一度話を聞いてみたいと思われた方は、渡邉(watanabe@) or 松浦(matsuura_tomoaki@)までご連絡ください。研究室見学等、随時対応しております。